HOME

切らない目の下のふくらみ手術は腫れにくい

日本人

加齢によってできる目の下のたるみやふくらみを改善したい時に、おすすめの治療法があります。切らない目の下のたるみ手術は腫れを防ぐことができます。切らない施術方法で、目の下のくまやふくらみ、脂肪取りに効果があります。目の下のたるみ手術は、目の下の3個の脂肪の袋から、眼窩脂肪を取り出します。特に脂肪が多く溜まりやすいのは、3個の脂肪の袋の中で内側と中央になります。レーザーで下まぶたの裏側に小さな穴を開けます。穴から余分な眼窩脂肪を丁寧に取り除きます。傷の治りが早い場所なので、小さな穴は縫合はしません。翌日にはふさがります。
目の下のたるみやふくらみが改善し、若返り効果があります。局所麻酔のため、麻酔による腫れは最小限になります。
美容クリニックへ相談すると、目の下のたるみ手術を受けることができます。左右のバランスを整えながら治療を行います。施術時間は約10~20分で終了します。穴は小さいので傷は目立ちません。治療後に特別な処置は行わず、冷やしておくだけで大丈夫です。糸で縫合しないので通院の必要がありません。忙しい人も治療を受けることができます。すぐに効果がでて、腫れにくいというメリットがあります。

press release